2019年02月10日

根管治療のお勉強

2月3日日曜日は東京医科歯科大学の卒後研修セミナーに大学時代の同級生と一緒に参加してきました。
タイトルは「ファイルを持つ前に勝負が決まる」で内容は「根管治療(歯の根っこの治療)」についてです。
普段診療で患者さん治療する際、この「根管治療のない日は無い」程、治療の頻度が高い分野です。

この根管治療にまつわる、材料・方針等も日進月歩で新しく、また治療の効率化が図られているのですが
普段の日常臨床において、新しい材料・術式を取り入れるのは案外勇気がいるといつも感じています。
その際、新しい材料、やり方を取り入れるか否かはやはり「科学的根拠がきちんとあるか?」だと思っています。
先日参加したこのセミナーでは、その裏付けとなる根拠を説明された講演だったので、終了後「診療所に戻ったら、アノ材料とアノ機材の注文して、あそこにあった道具の在庫状況確認して「より快適・より早く・確実に」
治療できるようにしよう!」と心新たに思いました。
CIMG0797.JPG
写真は会場入り口。東京日帰りでした。


posted by いわずみ歯科 at 17:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: